読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとりコンサル徒然日記

外資系戦略コンサルに就職した若手の日常

コンサルってやっぱ激務なの?ワークライフバランスについて

コンサル ワークライフバランス 業界事情

コンサルで働いている、と他人に言うと必ずといって良いほど聞かれるのが、

"めちゃくちゃ激務なんでしょ?"・"二徹三徹当たり前なんだよね?"・"結局時給換算するとアルバイト以下なんだよね?(プゲラ)"といったワークライフバランスに関する質問。

 

コンサル業界に転職を考えている方・興味がある方も、ワークライフバランスがハードルとなり踏み切れない場合も多いのではないだろうか。

本記事では、コンサル業界における若手コンサルタントワークライフバランス実情について、私の経験ベースで書きたいと思う。

※ファームによってもかなり事情が異なるので、あくまでN=1かつ若手の経験談として捉えて頂ければと存じます。

 

激務度はぶっちゃけ状況に依存する

結論から言うと、ベースとして激務は激務であり、所謂東証一部上場の日系大企業と比べると、勤務時間は長く、おまけに仕事上のプレッシャーも強い(Up or Outの文化も影響)。

この時点で"自分には無理だ"と感じる方は、残念だが入社しても自身や家庭・会社・クライアント、いずれのステークホルダーも幸せにはならない可能性が高い。

 

但し、1年365日須らく激務かと問われると答えはNOである。

激務度が低い時期は、定時退社はおろか、フレックスを良い事にランチ食って帰る・ずっとネットショッピングして帰る・そもそも出社しないなどザラである。

激務度を左右する要素として、個人の能力を除くと、勤務形態・プロジェクト/クライアントの性質・マネージの巧拙、が大きい。

 

勤務形態

コンサルタント(ここではオフィサー以下と定義。コンサル会社における役職については別途記事を書く予定です)の勤務形態には大きく2つがある。

  • プロジェクト

多くの人が想像するのはこちら。クライアントからフィーを頂戴し、クライアントの課題解決の為に粉骨砕身する期間である。

  • アクイジション

戦略コンサルも受注産業である為、一人のコンサルタントの視点で見るとプロジェクトにアサインされていないいわば「空き」の期間も存在する。当該期間はプロジェクトを受注する為のクライアントに向けた提案資料を作成する。

 

簡単に言うとプロジェクト=激務でありアクイジション=楽。

アクイジション期間は10時に出社し18時に退社する、夢のホワイトライフが過ごせる。ジムも合コンも行きたい放題。

他方プロジェクト期間は深夜労働を強いられる場合もあり、性質にも依るが21時~0時退社のイメージに近い。

人材プールの中から、原則優秀な人ほど優先してプロジェクトにアサインされる為、売れっ子は1年中プロジェクトから抜けられないという皮肉な実情もある。

プロジェクト/クライアントの性質

プロジェクトも、その激務度はプロジェクト自体の性質×クライアントの性質で大きく異なる。

  • プロジェクトの性質

一口にプロジェクトといっても、市場調査から中期経営計画策定、デューディリジェンス(DD)や複数企業の統合支援まで戦略コンサルが噛むテーマは多岐に渡る。

体系的なアプローチが取りやすく、かつ検討すべき領域が限定されているプロジェクトは実際楽である。特定市場の調査や、買収対象企業の探索支援などがそれにあたる。

一方、アプローチは体系的だが、とにかく検討すべき領域が広いのがDD。対象会社の買収適否を全事業つぶさに見た上で判断すべき必要がある為、激務度は高い。

また、体系的なアプローチが無く(表層的なものはあるにしろ)、検討すべき領域が広いのが中期経営計画の策定。クライアント毎に異なる課題・異なる強みがある中で、全社として最適な戦略を中長期的に描く必要がある為、難易度・激務度共に高くなりやすい。

上記はあくまで要求されるアウトプットを勘案した際の激務度への影響だが、そもそもスコープに比してリソースが過少すぎる・期間が短すぎるといったCost・Deliveryの部分に問題がある場合、どのタイプのプロジェクトだろうが激務度は跳ね上がる(最早1コンサルタントでどうこうしようが無い部分かもしれないが)。

  • クライアントの性質

世の中のB2B業同様、クライアントがそもそもDemandingな場合、激務度は増大する。提示額からの過度な値切り・プロジェクト開始後のスコープの変更・報告会の急なリスケなどなど、働く側にとっては悪夢である。

あるファンドは報告会を深夜2時から設定するのが習慣、という都市伝説も。

マネージの巧拙

もう1つ激務度に大きく影響する要素が、マネージの巧拙である。プロジェクトマネージャー(PM)やオフィサーによる適切なコントロール(スコープの絞込みや筋の良い論点・仮説のインプット)が図られれば、Demandingなクライアントが発注する中期経営計画であっても難なく定時に帰宅できる(実話)。

会社としてクライアントに可能な限り寄り添うということと、とにかく業務を楽にして人材のリテンションを図るということ、この2つを両立させる為のプロジェクトマネージメントはコンサル会社において極めて重要な要素ではないかと思う。

 

 

最初に述べた通り激務は激務であるものの、上記の要因+個人の能力が上手く噛み合えば、ホワイトな生活を過ごせること・唯一の資産である人を担保すべく、各社労働環境の改善に常に取組んでいることは強調しておきたい。

私のいる会社でも、金曜日は基本的に皆19時~20時頃には退社しており、土日出社も基本的には無い。出産に伴う産休や、時短勤務による復帰も勿論可能であり、昔に比べると人間らしい(?)生活が過ごせるようになっている様だ。

 

金が全てを吹き飛ばす

本来のワークライフバランスの定義からは逸れるが、ワークの見返りとして得られる『金』も働く身からすると非常に重要な論点である。

http://blog-imgs-45.fc2.com/g/o/n/gontatokenchi/E381A8E381ADE3818CE3828FE38195E38293.jpg

利根川先生のあり難いお言葉)

時給にならすと、アルバイト以下では?と揶揄されることもあるが、実際時給に換算すると、アルバイトとは比較にならない程高い水準の給与が得られるので、そこはご安心頂きたい。

特に、ポジションが上がれば年収も跳ね上がる昇進も通常の企業に比べると極めて早いという点は業界の顕著な特徴。加えて、階層化が進んだ大企業に比べると、若い内から裁量権が高く、重要な仕事を激務の中でこなし続ける為、金銭・経験という意味で捉えた際のゲインは圧倒的に大きい。

"激務はつらいけどお金貰えるならいいや"という強欲な方にとってはある意味ワークライフバランスは取れており、非常に向いている職業かと思う(恐れずに言うと、コンサル業界の人間はみな強欲である)。

 

まとめ

  • 戦略コンサルはいわゆる"激務"と言われる仕事である
  • 但し激務度はケースバイケースで、努力・環境次第でホワイトライフも可能
  • 給与も含めて広義で見た際のワークライフバランスは高い(真顔)

 

 

ブログはじめました。

コンサル 日常

ブログはじめました。

Who I am

外資系の某戦略コンサルティング会社で働くサラリーマンです。現在20代後半。

元々は理系の大学院で生物・化学関連の研究をしており、ビジネスのビの字も知らない状態で今の会社に入社。社会の厳しさと自己認識の甘さを日々実感しております。

ブログ開設の目的

主には以下の3つ。

  • 仕事/日常での気づき・学びの自身への備忘の為
  • 上記の外界への共有・コミュニケーションを通じて平衡感覚を保つ為
  • 仕事からの現実逃避の為?

記事の内容

普段あまり他の業界と接点が少ないであろうコンサル業界の内情や、新卒で入社してからの苦労・気づき、はたまた仕事から離れた日常の話まで、ざっくばらんに書いていきたいと思います。3日坊主にならないか心配。

最後に

あまり公に向けた文章を書くのに慣れておらず、読み苦しい部分もあるかと思いますが、暇つぶし程度に見て頂けると幸いです。